[title]

プロゴルファー 川村昌弘 Masahiro Kawamura

生年月日 1993年6月25日
プロ転向 2011年
身長 172cm
出身地 三重県
公式サイト https://masahiro-kawamura.com/
公式ブログ https://ameblo.jp/kawamura-masahiro/
"旅人ゴルファー"コラム https://news.golfdigest.co.jp/news/tabibito/

Profile プロフィール

5歳からゴルフを始め、ジュニア時代から数々のタイトルを獲得し2011年プロ転向。プロ2年目の2013年シーズン、パナソニックオープンでツアー初優勝。
20歳3ヶ月4日での初優勝は、ツアー史上5番目、日本人では石川遼選手、松山英樹選手に次ぐ年少記録。
日本のゴルフ界を牽引する若きホープとして、日本・アジアのみならず世界を舞台に活躍。
デビュー以来、巡った国の数は20以上。「旅人ゴルファー」としての彼の軌跡を追うコラムもGDOに連載中。

Message メッセージ

初めまして、プロゴルファーの川村昌弘です。 私が初めてゴルフと出会ったのは、父のゴルフの練習について行った5歳の頃です。 父の隣でボールを打つうちに上手く打てた時の感覚が楽しく一気にゴルフの虜になっていきました。 競技に出るようになり成績が残せるようになってきた中学2年生の時にフランスのエビアンで行われた 国際試合に参加しました。その時から、将来はヨーロッパや色んな国で戦いたいと強く思うようになりました。 プロになり日本ツアーを戦いながら、海外で戦いたいという気持ちは常に持っていました。 今年プロ7年目になり、自分の目標であったヨーロピアンツアー参戦を果たすことになりました。 自分が諦めない限りかなわない夢はないと思います。 これからも常に前を向いて自分の目標に向かって挑戦し続けたいと思います。

応援よろしくお願いします。

川村昌弘

Report 最新レポート

欧州とアジアンツアーの共催試合「ヒーローインディアンオープン」に出場。
1打差の2位で終えた川村昌弘選手。欧州ツアー初優勝はお預けとなりました。

「ヒーローインディアンオープン」では、最終日に最後までスティーブン・ギャラハーを追い詰めた川村昌弘選手が、欧州ツアーにおける素晴らしいスタートを継続させた。 昨年末のQスクールから今季の出場権を獲得して、「レース・トゥ・ドバイ」でのルーキーイヤーを送る川村は、今季出場2戦目の「アフラシアバンクモーリシャスオープン」でトップ5入りを果たして、即座にツアーでインパクトを残した。 彼はその後、トップ20入りを3度記録し、今回のDLF G&CCでは最終ホールでティショットを曲げたことで優勝こそ逃しはしたものの、自己ベストとなる2位に入った。 昨季2位に3度入った日本ツアーで通算1勝を挙げており、欧州ツアーでの優勝も時間の問題と思わせる活躍を見せている。

川村選手のコメント

去年、日本ツアーでは2位に3回入りました。1打差の2位が2回と、プレーオフの末の2位が1回ですね。今回も1打差の2位でした。 このラウンドは、特にタフなコンディションのなかだったので、とても良かったです。フロントナインでは良いプレーができず、多くのホールで苦しみ、幾つかミスショットもありましたが、バックナインではとても良いプレーができました。今日はコースがタフでしたが、盛り返すことができました。 僕の(18番の)ティショットは良かったのですが、風が強く、左へ流されてしまいました。上がり2ホールに差し掛かり、リーダーボードに自分の名前があるのを見て、本当にナーバスになりました。最終ホールがいかに重要かは分かっていましたし、良いショットは打てましたが、ついてなかったですね。

▲Page Top