TOP > 会社情報 > ご挨拶

ご挨拶

ちょっとしたことが たくさんちがう

お陰様で日新シール工業は2015年7月で35年という節目を迎えることができました。
これもひとえにお客様、仕入先様のご支援があってからこそでございます。
この場をお借りし厚く御礼申し上げます。
 さて、35周年を迎えた今、常日頃感じていることがあります。
それは「立派な方、立派な会社はちょっとしたことがちがう」ということです。
例えば、立派な方は気配り、礼儀、身だしなみ、人との接し方、
早起きから始まる生活態度に至るまで… 
それらすべてのことが、他者より少しだけきちんとしていて、深い。
立派な会社も同じように、ちょっとしたことがたくさんちがう。
挨拶、接客、商品、サービス、笑顔… 
それらすべてのことが他社より他者より少しだけきちんとしている、優れている。
「ちょっとしたことがたくさんちがう」というのは、真似できそうだが簡単にはできない。
続かない。だからこそ、それができている時には本物。
これからも「ちょっとしたこと」の積み重ねを大切にし、
日新ブランドを磨き、 広げていけるよう取り組んで参ります。
皆様、今後とも温かく、厳しく、ご支援・ご声援の程宜しくお願い申し上げます。

2015年4月

代表取締役社長  堀川 昇

常務取締役 吉成 公一

これからのパッケージ

近年、日本社会が課題としていることのひとつに「少子高齢化とどのように向き合っていくか」ということがあげられます。
少子高齢化が刻々と進んでいくなか、それに伴いパッケージに求められることも変化してまいります。その変化を見つけ、お客様のニーズにあったパッケージをお届けすることが我社の使命であると考えております。
これまで磨いてきた“日新ブランド”を礎に、ひとつでも多くのお客様のご要望にお応えし、更に満足していただける会社を目指し、取り組んでまいります。
皆様、今後ご指導・ご声援の程宜しくお願い申し上げます。

2015年4月
常務取締役  吉成 公一

常務取締役 吉成 公一

昨日の自分をライバルに

我社の行動規範の中で、「根気/昨日の自分をライバルに、日々前進していこう」というものがあります。これは「日新シール工業」という社名に通ずる行動規範であります。
少し昔の話になりますが、我社の個人創業時代の屋号は「日伸化工社(日に日に伸びていく)」であり、そしてパッケージ業創業後57年経った現在では、「日新シール工業株式会社(日に日に昨日の自分をライバルに新しい物作りに挑戦する企業)」に成長致しました。
これからも、「日々伸び、日々新しく」を行動規範として、パッケージ作りに取り組んでまいりますので、今後とも皆様の御支援、御指導のほど宜しくお願い致します。

2015年4月
常務取締役  中田 善規

日々のちょっとした心がけで人のイメージは変わる。

朝出かける前、鏡の前でちょっとチェックしてみませんか?
今のあなたは大丈夫?

性格は顔に出る。
生活は体型に出る。
本音は仕草に出る。
感情は声に出る。
センスは服に出る。
美意識は爪に出る。
清潔感は髪に出る。
落ち着きのなさは足に出る。

▲Page Top